熊本 遺言書

遺言書づくりは 幸せづくり。

幸せになるための 遺言書あなたの遺言書センター 熊本市法務堂事務所

 

遺言書の最も大事な機能は、言うまでもなく、相続人にどのように財産を分け与えるかを明確にすることです。
財産の行き先をあらかじめ決めておくことで、残された人たちの間に 余計な争いが起こるのを防ぐことができます。

 

しかし、遺言書の役割は それだけではありません。

 

近年、遺言書やエンディングノートを作る行為が「終活」(しゅうかつ)などと呼ばれ 静かに広まりつつあります。
遺言書を作るということは、残された人たちの行く末や幸せを考えることです。
そして、自分の周囲の人たちのことを考えるうえでは、自然とこれまでの自分の半生が思い出されます。
人生を振り返ることになります。

 

周囲の人たちの幸せを考えながら、自分の人生を見つめなおすことは、これからの生き方をより良いものにします。
遺言書づくりは、今後の人生の質を高めるきっかけになります。

- 遺言書 遺産相続 熊本 -

遺言書には どんなのがあるの?あなたの遺言書センター 熊本市法務堂事務所

 

遺言書には 手軽に書けるものと 日数・費用を要するものとがあります。
主なものとして 自筆証書遺言 と 公正証書遺言 があります。

 

自筆証書遺言は、その名のとおり 自筆の遺言書です。
いわば、手製の遺言書です。
ペンや万年筆を用いて 文章を 全文 手書きします。
ワープロはいけません。
全文 自分で手書きすることになります。
自筆証書遺言は、いつでも手軽に作成でき、いつでも破棄・再作成ができる、費用も安い、などの利点があります。
その一方で、書き方を間違えると法律上無効になるおそれがあります。

 

公正証書遺言は、公証役場という役所で、遺言書の原案を公正証書にするものです。
公正証書遺言は、遺言書の原本が役所に保管されるので、紛失や改ざんの心配がなく安心です。
とはいえ、遺言書は、人生の最終局面の意思表示であり、大事なものなので、何もかも全部役所におまかせ ということはできません。
遺言書の原案は、事前に自分で文面を練って きちんと準備しておくことが大切です。
なお、公正証書遺言は、作成に日数と労力が必要です。
役所に支払う手数料など それなりのお金もかかります。

 

自筆証書遺言、公正証書遺言、どちらにするかは自分しだいです。
一般的には、手軽に作りたいなら自筆証書遺言、万全を期したいなら公正証書遺言 ということになるでしょう。

- 遺言書 遺産相続 熊本 -

遺言書を作るならあなたの遺言書センター 熊本市法務堂事務所

 

遺言書を作るのに 年齢は関係ありません。
作っておきたいと思ったときが 作りどきです。

 

熊本市 法務堂事務所 は、遺言書の文面起案・手続代行をいたします。
作成は、お話をうかがいながら、ご相談に乗りながら、慎重に行っていきます。
遺言書を作り始めると、そういえば あれを決めていなかった、これも決めていなかった、ということも いろいろ出てきます。
分からないこと、不安なことがありましたら、遠慮なくご相談ください。

- 遺言書 遺産相続 熊本 -

続きは こちらで

熊本市 法務堂事務所です